最近の投稿

世界のIIMC

IIMCの友人

インド人母子の会

リンク

はじめに

P3250754

 インド・コルカタ(旧名カルカッタ)には,多くの人々が貧困に苦しんでいます。このような人々がひとたび病気になったりすると,ほんの僅かな蓄え,あるいは家畜,あるいは家まで失ってしまいます。このようになってしまうと,路上生活者となったりしてしまいます。このような人たちに対して,現在の状況を改善する医療援助を行い,将来の状況を改善する教育を行うことは非常に大切なことになります。

 このような活動を先進国からの主導で行うことも可能ですが,現地の人間が現地の人のために活動を行っていくという姿が望ましいと考えています。IIMCの代表であるスジット・ブラモチャリ医師は,バングラディシュの生まれでカルカッタ大学で医学を学び,ベルギーのルーベン大学の大学院で小児科を専攻しました。ベルギーに残り,医療活動に従事していましたが,インドの状況を憂い,NGO活動を1989年からはじめました。

 1989年にベルギーから帰ってきてからは,マザー・テレサの施設で主治医として2年ほど働いていましたので,マザー・テレサとも親交がありました。

 現在,「インド人母子の会」の活動をしています国重は,1992年にカルカッタへ行ったときに,このスジット・ブラモチャリ医師と知り合い,1994年にこの医師が日本に来た時をきっかけにして,「インド人母子の会」の活動をはじめました。

ホゴルクリア地区の出発点

 最初は,小さく,お粗末なクリニックからの医療活動から始りましたが,現在では,その活動が地域に根付いてきており,保健衛生センター兼クリニックを地域のために運営しています。

 教育援助活動は,先進国からのスポンサーを募り,貧しい子どもたちを学校に行かせることからはじめました。その後,いくら学校に行かせようとしても,子どもたちが通える範囲に学校がない場合には,校舎を建てて,そこで教育を行っています。また,学校に行っている母親も初等教育を受けていない人たちがかなりお送ります。そのため,母親学級を通じて,文字の読み書き,保健衛生,栄養価を考えた食事などを教えたりしています。  

 その他にもいろいろな活動をしていますので,レポートなどを通じてお知らせしていきたいと思っています。

「インド人母子の会」の活動ポリシー

P3260821

 インド人母子の会は、日本からIIMCの活動を支援する組織です。IIMC とは別組織となっています。活動するにあたり、会員制は取らないこと、医療援助、教育支援として寄付して頂いた金額はそのままインドのIIMCへ送るこ と、つまり、国内にかかる費用を寄付金に依らないこと、具体的に言えば国内の印刷代、郵便代などはインド人母子の会がまかなうことを主なポリシーとしてい ます。

P3250796

 国内においてしっかりとした組織を作り、会員を集め、積極的にインド社会に貢献するという方法も考えられますが、私たちは現地の受入先であるIIMCを全 面的に信頼出来ることを前提として、日本国内の活動を最小限としています。メリットとして、日本国内では数十万円の予算では出来ることは限られているが、 インドへそのまま送れば活動資金としての価値は大きいこと。第二に資金を集めるターゲットを数十万円とすることによって、資金集めがさほど困難ではないこ と。デメリットとして、現地へ頻繁には行けないので活動の詳細を得難いことなどがあります。第三世界への社会貢献を強く進めようとする人にとっては物足り ないかもしれませんが、無理なく長く続けられる方法であると考えております。