最近の投稿

世界のIIMC

IIMCの友人

インド人母子の会

リンク

文栄さんの体験記 in 1996

ちょうど一年前インドへ単独で行く予定でしたが、インドでペストが発生し、行くのを見合わせました。一人で行こうとしていただけあって、よくインドのことを調べていました。インドは事前に調べれば調べるほど不安材料が増えるのですが、案ずるより産むが安でよい結果に終わったようです

「今度インドへ来るときは、『柿の種』を持ってきてほしい。High Quality!」、マンダル医師の言葉に笑ってしまいました。とても楽しい旅行でした。次回は『柿の種』を持って、また伺いたいなという気持ちです。

病院の一つアウトドアクリニックの開かれる日、外来には300人もの患者さんが見えます。私の仕事は主に、皮膚病の消毒と軟膏を塗ること、ビタミン剤の筋肉注射をすることでした。注射をするに当たって言われたことは、「こちらの人は注射に慣れていないので、動くから、しっかり固定するように」と言うことでした。私はカルテを見て注射をしますが、ベンガル人看護婦に薬品名を確認します。そのとき彼女が首を横に振ることがあります。ベンガル人は、「Yes」の時首を横に振るのですが、私は不安になってもう一度聞き返してしまいました。

患者さんは多いのですが、診察がゆっくりなので、処置もゆっくり出来ます。現地の看護婦さんが私に処置をさせて、彼女は椅子に座って雑談をしていることがありました。「処置は交互にしましょう。」と言っても、私にさせようとするので、私は自分がいることで彼女の仕事をとっているのではと心配しました。
この疑問に対して医師は、「取ったのではない。ボランティアに入ってもらい、どういうふうに働くかを見ることにより刺激を受ける。インド人だけだと尻つぼみになる。一緒に働いてほしい。」と言われました。
その土地の状況にあった改善方法を見つけるのは、短期間ではわからないと思いました。今回は仕事を覚えるのと、「ん?」と疑問に思うのが精一杯でした。でも、工夫の余地はたくさんあって、レベルアップは可能だと感じました。

ベルギーからボランティアにいらしていたご夫妻のウィリーさんはインド製のズボンを、マリールイスさんはサリーに似たインド服を着て、自然に溶け込んでいらっしゃいました。

旅行中、量り売りのヨーグルトや屋台のミルクティー、一般の人が行く食堂で食事をしましたが、どれもおいしく体調を崩すことはありませんでした。

水はゲストハウスでフィルターに通したものをペットボトルに入れ持ち歩きます。インド人スタッフとまわし飲みをしたこともあります。

食事は、朝はパン、紅茶、果物、昼は診察が終わる3時過ぎにクラッカーと果物、夕食はカレーなどでした。自然にやせることが出来ます。

夕食では、ベルギーのマリールイスさんや、医師婦人のバーナリーさんが作ってくださり、一緒に食べました。お返しに、最終日は日本人3人で料理を作りましたが、ほとんど国重さんにお世話になりました。(日頃していないとこんな時に恥をかきます!) とてもおいしかったです。

病院へ行く道を歩いていると、子供たちが「ハロー!」と声をかけてきます。言った後に喚声を上げたり、恥ずかしそうに隠れてしまう子もいて、とってもかわいいです。

英語と看護婦の実力を身につけて、また行きたいです。でも、英語が話せない私でも楽しませていただきました。一番良かったのは、これからの良い動機付けが出来たことです。

本当に楽しく、学ぶことの多い旅行でした。